当サイトの改良、サービス案内、閲覧状況分析などに利用するため、
当サイト上でのクッキー(Cookie)の使用に同意ください。

個人情報のお取扱いについて

厚生労働省

2023.10.18MEDISO:公募

JHVS Venture Awards 2023 審査結果発表

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

日本は世界で数少ない新薬創出国であり、また、アカデミアにおける優れた基礎研究、中小企業等が有するものづくり技術など、イノベーションにつながる高いポテンシャルを備えている一方で、必ずしもそれが十分に活かしきれていないとの指摘があります。とりわけ医薬品や医療機器、再生医療等製品の実用化を目指すベンチャー(医療系ベンチャー)には、その能力を遺憾なく発揮し、我が国でも欧米同様に医療のイノベーションを牽引することが求められています。

MEDISOでは、優れたシーズの実用化を促進し、医療系ベンチャーを育てる好循環(エコシステム)の確立を目指しています。今般、医療系ベンチャーのチャレンジ精神の高揚や、革新的なイノベーションの創出を促進することを目的として、「JHVS Venture Awards 2023」を開催いたしました。

審査結果発表

  • JHVS Venture Award
    |株式会社FerroptoCure
     『フェロトーシス誘導性抗がん剤の開発』

  • 審査員特別賞
    (順不同)
    |Chordia Therapeutics株式会社
     『新たに見いだされたRNA 制御ストレスを対象とした抗がん薬の開発』

    |株式会社スパインクロニクルジャパン
     『高齢者に対する新しい脊椎内固定インプラント SPINE CJ system
       ―合併症・再手術を抑える臨床医発の低侵襲治療機器―』

  • ファイナリスト
    (順不同)
    |株式会社INOPASE
     『ワイヤレス給電を活用した低侵襲植込み型クローズドループ仙骨神経刺激装置の開発』

    |株式会社iXgene
     『ゲノム編集により自殺遺伝子を導入したiPS 細胞由来の神経幹細胞を用いた
      難治性脳疾患に対する新規遺伝子細胞治療方法の開発』

    |株式会社アイ・ブレインサイエンス
     『認知症早期発見に向けたアイトラッキング式認知機能評価法の実用化』

1.開催概要

2.応募方法

応募〆切
 2023年8月9日(水)17時 【応募は終了しました】

応募方法
以下より応募資料をダウンロードし、応募要領をよく確認いただいた上で、エントリーシートに必要事項を記入の上電子メールにて、事務局宛に送付して下さい。

【エントリーシート提出先】
jhvs_awards2023@ml.mri.co.jp
株式会社三菱総合研究所
「JHVS Venture Awards 2023」事務局
担当 : 青倉、高垣、加納

3.応募資格

応募に際しての資格要件は、以下の通りです。

  • 医薬品・医療機器・再生医療等製品の実用化を目指すベンチャー企業または創薬技術等のプラットフォームベンチャー企業であること。
    ※原則として、創業後15年以内で、かつ中小企業基本法(昭和38年7月20日法律第154号)第2条に定める中小企業に該当する企業とします。
  • 応募するシーズ・製品が、未上市であること。(シード・アーリーからミドル・レイターまで、ステージは問わない。)
    ※プラットフォームベンチャー企業はこの限りではありません。
  • 最終プレゼン審査(2023年10月12日実施)、及び、JHVSシンポジウムでの受賞者ピッチ(2024年2月頃実施予定)の全てに参加できること。

4.主な審査基準

有識者等で構成される選考委員によって、以下の観点から審査いたします。

  • シーズの有用性
    ・技術シーズが医療(もしくは医療経済、医薬品・医療機器産業)にとって有用か。 等
    (1) アンメットメディカルニーズがある疾患に対し、有用な治療法となる。
    (2) 医療を提供する上でのコストが下がり、医療経済に大きな影響を与える。
    (3) 医薬品等の開発が効率化し、開発成功率が上がる、あるいは開発コストが削減される。
  • 事業の計画性
    ・出口・実用化に向けた具体的な計画となっており、スケジュールが妥当であるか。
    ・事業計画を実現するために必要なリソース(組織体制・人員・資金等)が考えられているか。
    ・薬機法等法規制に則った開発計画となっているか。 等
  • 事業の成長性
    ・市場規模・競合優位性・ビジネスモデル等を考慮した上で、提案する事業にビジネスとしての継続性・成長性があるか。 等
  • プレゼン技術(プレゼン審査のみ)
    ・応募者が伝えたい意図(シーズの有用性・事業計画・事業成長性)が明確か。
    ・応募者が伝えたい意図を、プレゼンストーリーに沿って正確に伝えられているか。
    ・学術的・専門的な内容・用語に偏らず、専門外の人にも理解しやすい説明か。 等

5.審査の流れ

エントリーシートによる書類審査を実施し、書類審査通過者にはプレゼン審査に参加いただきます。

  • 書類審査:提出いただくエントリーシートを基に、書類審査を行います。
    結果発表:2023年9月上旬(予定)
    書類審査結果は、本サイト内に掲載します。結果発表日以降にご確認ください。
    ※結果発表日は後日全応募者にE-mailでお知らせします。
    ※審査通過者には、プレゼン審査の詳細な日時・会場・実施方法等を、別途E-mailでお知らせします。
  • プレゼン審査:応募事業について、会場でプレゼンテーションを行っていただき、審査を行います。
    審査方法:プレゼンテーション(5分間)、質疑応答(3分間)(発表時間は予定)
    ※審査は一般公開の下、実施します。

6.表彰

最終プレゼン審査の審査結果に基づき、各賞の受賞者を決定します。

  • JHVS Venture Award (1者)
    医薬品、医療機器、再生医療等製品に結びつくことが期待されるシーズを有するベンチャーのうち、シーズ有用性、事業計画性、成長性等を総合的に判断し、最も評価の高い者を表彰
  • 審査員特別賞(1者)
    優れたシーズ有用性、事業計画性、成長性があると、審査員が選出する者を表彰
    ※審査結果により、複数者になる可能性もございます。

7.受賞者特典

  • JHVSシンポジウム2023受賞者ピッチ登壇
    2024年2月に実施予定のJHVSシンポジウム2023において、受賞者によるピッチ機会を提供します。
  • MEDISO各種支援による重点サポート
    MEDISO各種支援プログラムをプッシュ型で案内し、様々なサポートを展開します。

8.お問合せ先

【事務局】
株式会社三菱総合研究所
「JHVS Venture Awards 2023」事務局
担当 : 青倉、高垣、加納
〒100-8141 東京都千代田区永田町二丁目 10 番 3 号
メールアドレス: jhvs_awards2023@ml.mri.co.jp

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

お知らせ記事一覧に戻る

お知らせ:MEDISO

お知らせ:その他

よく読まれている記事

2024.03.06「JHVS2023シンポジウム」イベントレポート

レポート

2024.01.052023年度MEDISO出前相談会・セミナー イベントレポート

レポート

2023.12.27認定VCインタビュー 全16回シリーズ

インタビュー

2023.11.16JHVS Venture Awards 2023 開催レポート

レポート

2023.12.15認定VCインタビュー 大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社・魚谷 晃様

インタビュー